読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜生活

徒然と

妄想コントローラー

お久しぶりです。てにょです。
最後に記事を上げて向こう半年近く放置という益荒男ぶり。我ながら惚れ惚れします。
学生だった頃と比べて圧倒的にブログに書く程面白い事がないというのが放置の原因に他ならないのですが、それにしても半年放置してしれっと更新というのは中々真似できるものではない。
ここ半年何をしていたのかと問われると唇を噛み締めて下を向く位しか出来ないような清々しいクズっぷり、清々しいを通り越してスガシカオみたいな毎日を過ごしていたわけですよ。
ブラウザの履歴なんて風俗レビューのサイトでビッシリ埋まってますからね。
そんなまだ見ぬ吉原の高級ソープに思いを馳せている私がこれまでどのような文章を書いていたかなんて到底思い出せる訳がない。
誠にありがたいことに高校大学とmixiやら前略やらでちょいちょい文章を書いてたら好評を博していたんですが、それも最早遠い過去の栄光。
ネタは無いわ文章の書き方を忘れたわでもはや気分はマットとローションの無いソープ嬢です。うん、この例え逆にわかりづらいね。

それでもストレスフルなこのご時世、どこかしらで自分の気持ちをアウトプットしないと人はいずれパンクしてしまいます。
パンクを防ぐ言わばストレスの発散がショッピングや性衝動、冷蔵庫に入ってそれをTwitterに投稿するなどに結びつくわけですね。
そして時としてそういった人達はショッピング依存性、セックス依存性、SNS依存性と呼ばれるという様相を呈しているわけであります。
かく言う私もここ数ヶ月『自分はセックス依存性なんじゃないか』という悩みや葛藤が胸中を渦巻いています。
セックス依存性って字面だけで見れば寝ても覚めてもセックス、朝起きてセックス、満員電車でセックス、職場でセックス、公園のトイレでセックス これはもうちんぽが乾く暇もないわいっていう楽しげなイメージが先行しがちですが、
前述しました通り行き場のないストレスが性衝動に結びつくのがセックス依存性です。
聡明な読者の皆様なら察しが付くかもしれませんが、オナニーも性行為の1つです。
これを踏まえて自分の行動を省みたところ、朝起きたらおはようのオナニー、嫌な事があったらむしゃくしゃのオナニー、嬉しい事があったら喜びのオナニー、寝る前はお休みのオナニーと最早オナニー無くしては生きていけない日々を送っているわけです。
これはセックス依存性と言わずして何と呼ぼうかというお話ですよ。
セックスサイドのセックス依存性は南米で行われるカーニバルのような楽しさが垣間見えて正直羨む人もいるかもしれませんが、オナニーサイドのセックス依存性は誰も羨まない。寂しいだけですからね。
このままでは死因はテクノブレイクへとまっしぐら猫モード。セックス依存性の自分を変えるべく立ち上がったのでした。

 

続く。

 

どうでもいいけど、このブログ下ネタ多いね。

贈る言葉

こんにちはてにょです。

TwitterやらFacebookのタイムラインを見てるとやたらと『君の名は。』を見た旨の書き込みが目立ちます。

自分の行動を逐一報告できるのがSNSの長所なので、別にそれについてどうこう言うつもりはありません。

僕もでっかいうんこが出た的な書き込みをTwitterにしたくなるときがありますし。

 

ただ、ただですね…

 

ふんわりとした感想多くない?

 

やれ「感動した」だ「泣けた」だ「こんな恋がしたかった」だ何に対しての感想なのかわからない。

お前恋空見たときも「こんな素敵な恋がしたい」とかほざいてたじゃねーかと。

こういう感想は極限までネタバレを抑えた上でその映画を見たくなるような感想を書き込まなくてはいけないと思うのです。

映画を見たくなるような感想を書き込む

映画の興行収入が上がる

流行る

合コンとかで共通の話題が出来る

ゴールイン

 

優しい世界ですね。

 

そこで今回は私てにょが正しい映画の感想の書き方のお手本を今流行りの君の名は。で書いていこうと思います。

1ミリたりとも君の名は。は見てませんし手がかりは泣けて感動できるくらいしかヒントはありませんが、クックパッドを一切見ずに親子丼を作り上げるという快挙を成し遂げた僕なら大丈夫でしょう。

ちなみに、親子丼はしょっぱ過ぎて残しました。鶏農家の皆さんごめんなさい。

親子丼っていうより塩分の塊だったね。あれは。

 

さてそんなこんなで1ミリも見てないのに君の名は。レビューやっていきます。

 

 

アメリカはアリゾナ州の離れにとあるのどかな村がありました。

村は決して豊かではありませんでしたが互いに助け合い、畑で育てた野菜を町に売ることである程度の生計を立てていました。

そんな村の鶏農家のせがれのジョニーは稼業を継ぐのが嫌で常に反発していました。

その日もジョニーは父の家族の手伝いをしたくなく村をブラついていたら、道端に人が倒れているのを見つけました。

年の頃は18歳。村一番の才色兼備とされるキャシーよりも綺麗な娘にジョニーは少しドキリとしましたが、すぐに我に返り娘を揺り起こしました。

「ヘイ、そこの素敵なお嬢さん、こんなところで寝てたら目玉焼きになっちまうぜ。」

 

劇場内では笑いが起きていました。

鶏農家特有のアメリカンジョークなんだと思いますが、戸田奈津子さんの翻訳がうまくいっておらず僕にはよくわかりませんでした。

 

そんなこんなで目を覚ました行き倒れの娘。

ジョニーと歳が近いこともありすぐに打ち解ける二人。

ジョニーが思い出したかのように

「僕はジョニー。君は?」と問うと娘は「私……自分の名前を忘れてしまったの。」

ここでタイトルの『君の名は。』のロゴがババーン!と出てきてオープニングである海援隊贈る言葉が流れます。

のどかな風景を散歩する二人の映像と海援隊贈る言葉はこれでもかというくらいマッチしており内容への期待が高まります。

 

オープニングが明け、流石に呼ぶ名前が無くては困るということで便宜的に娘を道子と呼ぶことにしたジョニー。

道に倒れていたから道子とはあまりに安直すぎるのではと思いましたが、アメリカではこれが普通のようです。

道子との奇妙な鶏農家での共同生活が始まります。

道子は気立てもよく家の手伝いもよくしてくれたので家族と道子が打ち解けるのにそう時間はかかりませんでした。

ただ、道子が時折見せる何かに怯える様子と物憂げな表情はどこかジョニーを不安にさせていました。

そんな中事件は起こります。

元来ジョニーの家は大きくなく、道子のベッドは無かったので鶏小屋で寝ていたのですが、夜中に鶏たちの激しい鳴き声が。

慌ててジョニーが駆けつけると2mはあろうかという巨漢が道子が迫っていました。

ここからは序盤ののどかな田園風景とは打って変わりジョニーが2mの巨漢相手に大立ち回りを始めます。

普通の鶏農家のせがれと大男のCGを一切使わないアクロバティックな死闘は圧巻でした。

あまりに激しくてADが3人死んだそうです。

 

辛勝という形でなんとか大男を退けたジョニーの元に老人が訪れました。

老人のモハドが言うには道子は特別な民族の末裔で、エジプトにある台座に道子を載せ、道子が自らの本名を言うことでなんでも願いが一つ叶うというのです。

「奇跡の力を求め、これまで数多くの悪党が道子を狙ってきた。世界を壊したくないから道子は自分の本当の名を記憶の奥底にしまってしまったのじゃ。」

「それなら俺がすることはただ一つだ。道子が狙われない生活を過ごす為に俺が台座をぶっ壊す。」

 

こうしてジョニーと道子はモハドのガイドでエジプトに旅立ったのでした。

別にエジプト旅行に道子はいらなくね?  とか思ったのですが、口に出すのは野暮ってものでしょう。

 

----中略----

 

ついにピラミッド内部の台座の前に辿り着いたジョニーと道子。

悪の組織の妨害でジョニーは満身創痍です。

最後の幹部まで倒し、後は悪の組織のボスのみ。

そして悪の組織『スフィンクスの翼』のボスはジョニー達に背を向け台座に座っていました。

「ついにここまでたどり着いたぜ。スフィンクスの翼の大将……いや、モハドさんよ!!」

そう、あらゆる手段を使い道子を連れ去ろうとしたスフィンクスの翼のボスは旅の途中で数々の助言を与え旅を導いてきたけど途中ピラミッド内の落とし穴にハマり転落死したと思われていた老人モハドだったのです。

モハドの切ない願いは是非映画館で確認してください。

モハドの哀しい過去に映画館はすすり泣く声もそこらで上がってました。

 

改造手術を施し肉体操作で若返ったモハドとジョニーの最後の戦いが始まりました。

最後の戦いというだけあってワイヤーアクションもCGも使わないモハドとジョニーの殺陣は大迫力でした。

リアリティを追求するあまりカメラマンが5人死んだそうです。

 

激しい戦いに耐え切れず、崩壊を始めるピラミッド。

ジョニーとモハドの激闘の余波で道子は重傷を負ってしまいます。

このままでは願いが叶わないと狼狽するモハド。その一瞬の隙を突きジョニーがモハドにとどめを刺します。

崩壊が止まらないピラミッド。止めどなく道子の腹部から流れ出る血。

道子を救う為にジョニーは賭けに出ます。

「君の本名をこの台座で言おう。願い事は僕が決める。大丈夫。必ず君を救うよ。」

「でも私、本名を……」

「全部僕に任せて。」

そう、ジョニーはピラミッド内の壁画で道子の真の名を見つけていたのです。

「いいかい。君の名はーーー」

 

 

舞台は変わって最初ののどかな村。

エジプトでの冒険を忘れたジョニーは何か足りないものを感じつつ鶏農家で親の手伝いをしていました。

そんな中、1人の来訪者がジョニーの家を訪ねました。

彼女の名は………

 

ここでエンディングの贈る言葉(FLOWバージョン)が流れ映画が終わりました。

エンディングでは観客全員スタンディングオベーションで、贈る言葉を隣の知らない観客と肩を組んで大熱唱してました。

続編があるのではないかという声もありますが、逆に蛇足になってしまうのでこれで終了した方がいいような気がしました。

 

 

1ミリも見てないのに君の名は。レビューいかがでしたでしょうか。

レビュー内容と実際の映画の内容の相違についてのクレームは一切受け付けません。

とりあえず君の名は。誰かと見に行きたいです。

君の名は

お久しぶりですてにょです。

だいぶ間が開いてしまいました。

それはもう自分がブログをやっていたことを忘れてしまう程に。

前回前編後編で分けて書いてた気はするけども、何を書いたのか覚えていないという体たらく。

このご時世タップ一つで自分が以前書いていた記事の内容を見返せるっていうんだから便利になっちまったもんです。

まあ前回自分のちんこが立たないというただ一点を熱く語っていたのを思い出して1ヶ月近く前の自分を助走をつけて殴りたくなりましたね。

 

そんなこんなの前回のあらすじ

 

突如反抗期となったてにょのちんこ。言い方を柔らかくするならてにょJr。

「クララの意気地なし!」というセリフが独りの夜に叫び渡る。

すっかり元気を失ってしまったちんこと厳選したエロ動画達がサーチライトで交互で照らされる。

そして見るに見かねたてにょは禁断の扉に手をかけようとする…!!

 

何を言ってるかわからないと思うので、素直に前回の記事を読んでください。

あとこんだけちんこちんこ書いてると女性ファンができるかも…?  とかいう刹那に近い願いから凄い勢いで遠ざかってる気がする。

 

というわけで、今回は必死でなんとかあの手この手でちんこを立たせてみようとした奮闘記です。

 

奮闘その1

紗倉まなと上原亜衣の二輪車ソープものAV〜

 

言わずと知れた名作です。

初めてこの作品に出会ったとき、尻子玉が抜け落ちるかというくらいの衝撃を受けました。

超大物女優両名の夢の共演。ヌルヌル。

このAVを見た日から僕は転職先候補にAV男優が加わりました。

上原亜衣さん、業界復帰心待ちにしております。

どうでもいいですが、僕の友達は紗倉まなと中学校が一緒です。

 

画像省略

 

〜鑑賞中〜

 

f:id:t-nyo252521:20160915224253j:image

クララの意気地なし!

 

 

ダメでした。

 

 

 

奮闘その2

伊東ライフ先生のエロ同人誌〜

 

おねショタジャンルの重鎮。

すごく柔らかそうな絵を描く。何がとは言わない。

伊東ライフ先生の描くキャラが股間のシフトレバーを握りながら「がんばれ♡がんばれ♡」というシーンがあり、同人誌ウォッチャー達を震撼させた。

僕は北上さんのやつが特に好きです。

 

 

f:id:t-nyo252521:20160915223240j:image

(画像は拾い物です)

〜鑑賞中〜

 

 

 f:id:t-nyo252521:20160915224253j:image

クララの意気地なし!!

 

 

ダメでした。

 

 

 

ここで僕は一つの仮説を導き出しました。

(ちんこが)在りし頃は幾度となく僕(のちんこ)を奮い立たせた上原亜衣さんに紗倉まなさん、そして伊東ライフ先生の同人誌たち。

この精鋭たちをどんなに眺め回してもピクリともしない僕(のちんこ)。

これはもう寝て起きたら性的嗜好が変わったとしか考えられません。

しかし、全人類の八割強が愛好していると言われるおねショタと二輪車ソープものでも(ちんこが)反応しないとなると、新たな切り口から攻めなくてはいけません。

もしかしたら僕は新しい人類として生まれ変わったのかもしれません。そう、テラフォーマーのように。

 

ん?

 

テラフォーマー?

 

テラフォーマー=昆虫=カブトムシ

 

 

よし、カブトムシの交尾動画を見てみよう。

 

今後僕のような新人類が続々と現れた場合、カブトムシの交尾動画がオカズとされる可能性があります。

その場合のリスク、聡明な読者の皆様ならお分かりになるでしょう。

そう、規制です。新人類の増加に伴いカブトムシの交尾動画は規制され、エックスビデオ等ではモザイク付きのカブトムシの交尾動画が飛び交い、モザイク無しのカブトムシの交尾動画は稀有なものとして扱われることとなるでしょう。

ということはyoutubeで堂々と無修正のカブトムシの交尾動画を見られるのは今だけなのです。

これに気付いた僕は転がるように一目散にyoutubeに駆け込みました。

 

 

 

奮闘その3

〜カブトムシの交尾動画@youtube

 

f:id:t-nyo252521:20160915224035j:image

 

〜鑑賞中〜

 

 

 

 

 

 

 

 

このあと、脳に物凄い負担がかかった為、寝込みました。

ちんこが立たなくなって1ヶ月、奇跡的に一度だけちんこが立ちましたが、それ以降はうんともすんとも言いません。誰か助けてください。

 

 

最後に

当ブログ野菜生活は老若男女に楽しんでいただける健全なブログ作りを目指しております。

よろしくお願い致します。

オーチンチン

ちんこが立たない。

この9文字を見て僕の置かれている現状の深刻さがわかっていただけたら幸いなんですが、大方の方は『何を言っているんだこのキチガイは』と思われることでしょう。

僕も見ず知らずの人にちんこが立たないとなんの臆面も無く言われたら裸足で逃げる自信があります。ええ、それはもう一目散に。

それを踏まえてグッと堪えて聞いていただきたいんですが、元気だった頃の僕のちんこ(以下てにょjr)はそれはもう昔は女の子と手を繋いでいただけでビンビン物語になるような暴れん棒将軍でした。

生物っていうのはよくできているもので、疲れているときほど子孫を残さなくてはならないという本能が働くようでちんこが立つ仕組みになっているようです。

ただ、疲れてムラッとしてもある日突然てにょjrが立たなくなったんですよ。

女の子と手を繋いだだけでビンビン物語になったてにょjrがです。

狭い我が家に

f:id:t-nyo252521:20160815121749j:image

「クララの意気地なし!!」

とてにょjrを叱咤激励する声が夜の帳に響き渡りますが、それでもクララもといてにょjrは立ち上がりません。

古来より猛り狂う男性器は男のシンボルとして扱われてきました。

男のシンボルを失った僕は果たして男と言えるのでしょうか。いや、言えない(反語)。

これは男のシンボルを失った男の悲しき一大叙述詩です。

なんとか反抗期のてにょjrを立ち上がらせなくてはならない。

そう思い立ち上がりました。ちんこは立たないけど。

 

次回予告

 

「上原亜衣と紗倉まな二輪車ソープモノでもだめなのか!?」

「がんばれ♡がんばれ♡」

「カブトムシの交尾…か…」

 

お楽しみに!

恋愛サーキュレーション

明日使える豆知識

Androidスマートフォンに「Ok Google」と言うと音声検索が可能になるというのはもはや常識だが「包茎Google」でも「童貞Google」でも認識してくれる。
ぜひ通勤通学中に試してみてください。

さっそく下ネタで申し訳ありません。てにょです。
SNSの普及に伴い比較的気軽に交流できるようになったこの時代。パンケーキを食べただのいつめんサイコーだのの投稿も「パンケーキじゃなくてネイルを自慢したいんじゃないの?」ですとか「こいついつめん多すぎだろ」ですとか思うところはあっても心を鎮めていいねを押す。
これはコミュニケーションを円滑にする現代のテクニック、いわば暗黙の掟なのです。こいつがまたやっかいで全ての投稿にいいねをつければいいというものでもなく、ハッピーな事柄にしかいいねをつけてはいけないというサブルールが存在します。このルールを知らず「隣のおじいちゃんが死んだ。しめやかに葬儀を済ませた」みたいな投稿にいいねをつけて陰でものっそい悪口を言われた人もいます。僕です。
コミュニケーションの手段が多様化し炎上のきっかけがそこら中に転がっている今だからこそ、僕たちは大なり小なり自分でルールを決めて暗黙の了解と上手く折り合いをつけながら人とコミュニケーションを取らなくてはなりません。

皆さんも自分に課したルールを守りながらうまいこと過ごしているのではないかと思います。

人のプライベートに過度に干渉しないことを自分ルールとすることで面倒事を回避するという人もいますし、逆に人と積極的に交流をすることを自分ルールとし人脈を増やすという人もいます。
正解や不正解がなく、いずれも正解なのが自分ルールなのではないでしょうか。

周囲の友人には人間のクズと揶揄され大学の学科内で大々的に開かれたバーベキュー大会に誘われなかった僕でさえ自分ルールがあります。
ちなみにバーベキュー大会はmixiで募集されていたんですが、ピンポイントで僕だけ誘われずに高校の友人たちとアスレチック公園で遊んでました。後日mixiに『学科のバーベキュー楽しかった♪』とか投稿されててクソッ!!
だいぶ脱線しました。自分ルールの話でしたね。自らトラウマを引き出す形になってしまいましたが、そんな僕の自分ルールは『人の恋模様に干渉しないし』です。
これは実体験から編み出された自分ルールでなんです。

もうひとつ何で他人の恋愛に関わらない大学生の頃にとある国に留学していたときの話です。
そこでそれぞれ別な県からやってきたAくんとBちゃんと仲良くなったんですね。普通に仲良くご飯食べたりお酒飲んだりしてたんですが、AくんがBちゃんのことを好きになってしまったようで。Aくんの趣向を凝らしたアタックが始まります。僕は気にせず日本のエロ動画を見ることに必死でした。時を同じくしてBちゃんのことを好きになる男の子が現れます。Cくんです。
Bちゃんには日本に残した彼氏がいるわ、Cくんは年上で大人の余裕をかましてくるわでAくんてんてこまい。もうアオハライドみたいな状態ですよ。あまりのアオハライド具合にAくん病んじゃってた。そのころ僕は美味しい日本食探しに夢中でした。
美味しい日本食探しの片手間でAくんとBちゃん両方の相談に乗っていました。二人の相談に乗ってたんですよ。ここ大事です。
美味しい日本食探しが佳境に入り始めた頃、物語は急変します。あまりにアオハっててどっち付かずなBちゃんに痺れを切らしたAくんが暴言を吐いたのです。目撃者の話だと、学校の食堂でぶちギレたそうなのでAくんの追い込まれ具合がわかります。同時期に間の悪いことにご飯(現地のご飯)を僕とBちゃんで食べに行ったのがAくんに見つかってしまいました。それを見たAくんが「てにょはろくに仲も取り持たないし、好きなのわかっててご飯に行くわで全然空気読めてない」と陰口を叩かれてしまいました。
それから僕は人の恋愛事情に干渉するのを拒むようになってしまいました。僕が何を言ってもそれは他人の戯れ言ですし、よかれと思ってやっていたことも捉え方1つで人の神経を逆撫でしかねないと学んだのです。

そういうスタンスで生きてきましたが、今そうも言ってられない事態になっています。
どうも職場の同僚(同い年でさ行がうまく言えない)が同じ職場の事務の人(人妻。東京エレキテル連合の白い方に似てる)に恋をしているようなのです。

事務の人が来月いっぱいで辞めると知ってからは同僚が水族館デートに誘ったりの猛モーション。
自分ルールを曲げて同僚に「不倫は法に触れかねないよ」とアドバイスをするか否か。今、迷ってます。

あの日の君へ

はじめまして。てにょと申します。

ノリと勢いだけでブログを始めました。

三日坊主になるかもしれないですし、やたら続くやもしれません。

以前別なサーバーさんでブログを書いてたので、しばらくはそれでお茶を濁します。

二本しか書いてないけど。

 

温かい目で見守っていただけると幸いです。

末永くよろしくお願いします。